プロフィール

skymates

Author:skymates
フナフナブログへようこそ!
身の回りの気になる事から世界の注目記事まで海・船舶・土木関係を中心に記事を作成していますのでご覧あれ!!

スポンサーリンク
人気記事
スポンサーリンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

洋上風車組立用の浜出船が完成してたみたい!!

2018/05/18 20:11:20 | 起重機船_日本 | コメント:0件

浜出船(半潜水型スパッド台船)が完成


FLOAT_RAISER-1.jpg

 平成30年5月12日に長崎県五島市の福江港で浜出船の完成披露が行われたようです。オフショアウィンドファームコンストラクション合同会社.(戸田建設株式会社及び株式会社吉田組の共同出資会社).は平成28年より設計・建造を進めてきていたようで、結構前から考えられてたんですね。
 環境省のHPに載っている事業概要によると、洋上風力発電設置工事において従来の方法では、大型起重機船が必要でしたが、この浜出船を活用することで工程の大幅な簡素・効率化が可能になるそうです。多分、全てを組み立てた状態では無理でしょうが、洋上風車下部の浮体部分を浜出船上で組み立てて進水させるのでしょう。
 今後、2021年までにこの浜出船を使用して、五島市沖に9基を稼働させる方針だそうです。

出典 環境省HPより 報道発表資料
低炭素型洋上風力発電低コスト化・普及促進事業における浜出船

完成披露時の動画


FLOAT_RAISER-2.jpg

FLOAT_RAISER-3.jpg

FLOAT_RAISER-4.jpg

FLOAT_RAISER-5.jpg

FLOAT_RAISER-6.jpg

タイトル:洋上風力発電にはずみ 巨大船でコスト削減が可能に(18/05/13)


「FLOAT RAISER」(はたあげ)の概要

船名 FLOAT RAISER(はたあげ)
所有者 オフショアウィンドファーム
 コンストラクション合同会社
竣工 2018年5月
総トン数 不明
載荷重量トン数 13,500t
長さ 110.0m
 48.0m
深さ 6.8m
スパッド長 40.0m(□1.5m×1.5m)

 「Marine traffic」で検索しても出てこないので非自航タイプだと思います。一見よくあるフローティングドックのようにも見えます。特にスラスター等も無さそうなので洋上風車設置海域では無く、港内とかで浮体を進水させて曳航させるのかな。だとするとスパッド不必要ですかね。やっぱり現地海域で進水なのかな・・・。よく分かりません。とゆうか、やっぱり普通のフローティングドックにスパッドが付いただけにしか見えない・・・。

類似作業船 フローティングドック


 今回完成した浜出船に似ている作業船でフローティングドックと呼ばれるものがあります。一般的な使用方法として、フローティングドックの甲板上で重量物を製作し、船体のタンクに注水して船体を海に沈め、製作した工作物を進水させて曳航し、所定の場所まで運搬するというものです。この方法だと大型起重機船を使用しなくても重量物を進水出来るというメリットがあります。甲板上で様々なものを製作出来るようにクレーンが搭載されたものが一般的です。
 今回の浜出船にはクレーンは搭載されていませんでしたね。陸上のクレーンを使用して作業するのでしょう。浜出船へ浮体を乗せるのに大型起重機船を使用すると意味ないですもんね。

国内最大級のフローティングドック


大山1200-29
船名 大山1200-29
所有者 株式会社山本精工所
竣工 2000年
積載重量 12,000t
長さ 65.0m
 45.0m
深さ 25.5m
最大喫水 19.0m


フローティングドック-1

株式会社山本精工所のホームページ

たんちょう 12000
船名 たんちょう 12000
所有者 岩倉建設株式会社
竣工 2002年
積載重量 12,000t
長さ 65.0m
 45.0m
深さ 25.5m
喫水 24.5m


フローティングドック-2

岩倉建設株式会社のホームページ

世界のフローティングドック


少し用途が違いますが、中国のフローティングドック。
船名 CS E Mei Shan
所有者 China Shipping Industry CO.,Ltd.
竣工 2008年
積載重量 400,000t
長さ 410.0m
 72.0m


フローティングドック-3

フローティングドック-4

フローティングドック-5
関連記事

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する