プロフィール

skymates

Author:skymates
フナフナブログへようこそ!
身の回りの気になる事から世界の注目記事まで海・船舶・土木関係を中心に記事を作成していますのでご覧あれ!!

スポンサーリンク
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

洋上風車設置船不足!?

2020/12/13 08:32:27 | 起重機船_世界 | コメント:0件

 あくまで世界のお話ですが、洋上風車設置船が10年後の2030年には不足状態になる見込みだそうです。

 2020年現在、世界では洋上風車を設置するために施工可能な洋上風車設置船32隻、重量物運搬船14隻。

 2020年の作業需要は年間約8~13船。それが2030年までに5倍になるという予測が発表されています。

 5倍ということは作業需要が年間で40~65隻。さらに2021年に商業運転が見込まれているGEの12-13MW Haliade-Xなどの次世代洋上風車を設置出来る船は限られています。

 こうなると現在稼働している船だけでは全然足らない状況になりそう。

 新造船を建造するか、現在稼働している洋上風車設置船のアップグレードを行うか。

 日本に関しては、洋上風車事業に遅れて参加しているので、SEP起重機船をこれから本格的に建造する状況。なので風車の大型化にも対応出来そうな気がします。

 設置船不足予想の記事と試行錯誤されている洋上風車設置方法について。



1.洋上風車設置船不足の予測




Google翻訳

Rystadは風力発電所設置船の不足を予測します

By The Maritime Executive 2020年11月27日午前6時44分00秒

洋上風車設置船不足-01

新しいレポートでは、コンサルタント会社のRystad Energyは、新しい風力発電所の開発とブームの到来を反映して、洋上風力タービン設置船(WTIV)と重量物運搬船の世界の供給が10年半ばまでに不足すると予測しています。ますます大きなタービン設計の出現。この調査結果は、ドライバルク部門から撤退し、将来の高い日率を見越してハイエンドのWTIVに投資している船主のScorpioBulkersの見解を反映しています。

Rystadは、2020年の設置船の作業需要は約8〜13船年であり、約32のアクティブなWTIVと14の基礎設置船でカバーされると予測しています。これは現在のヨーロッパの市場ニーズを満たすには十分すぎるほどですが、世界の需要は2030年までに5倍になると同社は予測しています。 (中国の開発者は国内市場から船舶とサービスを調達することが期待されているため、Rystadは分析から中国を除外しました。)

Scorpio Bulkersも予測しているように、GEの巨大なHaliade-Xのような最新の超大型タービンを使用するプロジェクトでは、船舶の不足が最も深刻に感じられます。これらの800フィートの巨人を処理できるのは世界で4つのWTIVのみであり、将来の商業規模のプロジェクトでは、容量1キロワットあたりのコストを抑えるために、一般に最大のタービンクラスが優先されます。GEの競合他社は、減速の兆候が見られない軍拡競争でさらに大きなタービンを計画しています。

Rystad Energyの製品マネージャーであるAlexanderFløtreは、次のように述べています。「重量物運搬船セグメントは、この10年半ばからの洋上風力開発の主要なボトルネックであり、次世代の船舶の必要性により、洋上風力で期待されるコスト削減が遅れる可能性があります。洋上風力発電用。

タービンと基礎(ジャケットまたはモノパイル)の調達価格は風力発電所の最大のコストを占めますが、設置作業も資本集約的です。Rystadによると、プロジェクトの総コストの約20〜30%を消費する可能性があります。これは、100タービン、1ギガワットのプロジェクトで最大10億ドルです。タービンあたり約5〜9船日の作業時間と待機時間、およびWTIVの日率が$ 200,000を超えるため、船主の収益機会はすぐに増加します。

「将来的には、船舶は、アクティブな機器の基盤を維持し、定期的に交換することに加えて、プロジェクトの初期建設段階に対応する必要があります。洋上風力発電業界の将来のニーズに対応することに成功するセグメントは、この貴重な相乗効果を提供して、健全なフリート利用をサポートすることができます」とFløtre氏は述べています。

引用元:The Maritime Executive | Rystad Predicts Shortage of Wind Farm Installation Vessels




2.「Rystad Energy」について




Google翻訳

リスタッドエナジー(Rystad Energy)

洋上風車設置船不足-02

Rystad Energyは、2004年にJarandRystadによってオスロに設立された上流の石油およびガス内の独立した分析およびコンサルティング会社です。 Rystadは、マッキンゼーのコンサルタントとしてのバックグラウンドを持っていたし、師範大学で物理学で教育された(彼はまたのリーダーだったどこの学生会で1988年から1989年)。同社には8つのパートナーがあり、本社はオスロにあります。 2015年の売上高は1億2,710万クローネで、税引前利益は1,470万クローネでした。2016年の初めには、67人の従業員がいました。さらに、同社はヒューストン、ニューヨーク、ロンドン、モスクワ、リオデジャネイロ、シンガポール、ドバイ、スタヴァンガー。

同社は、世界のすべてのフィールドと探査ブロックの生産プロファイルと財務プロファイルを含む、油田とガス田の世界で唯一の完全なグローバルデータベースを開発しました。Rystad Energyのクライアントは、石油会社、当局、石油業界へのサプライヤー会社、および投資家です

引用元:Wikipedia | Rystad Energy



 1クローネ=約17円として換算すると



3.現況の稼働船について



 ”洋上風車設置船不足の予測”の記事に書かれている”約32のアクティブな洋上風車設置船”の中に中国船は含まれていないようです。

 中国はSEP起重機船をガンガン建造しているので需要に負けることは無さそう。そう考えると先見の目がありますよね。

 中国以外の洋上風車設置船を吊能力順で書き出してみました。吊上げ能力500t以上のもので。

順位船名吊能力画像
(クリックで「Crane Vessels」
(外部リンク)のページで画像確認)
1Aeolus1,600tAEOLUS-3.jpg
2SEAJACKS SCYLLA1,500tSEAJACKS_SCYLLA.jpg
3VOLE AU VENT1,500tVOLE_AU_VENT.jpg
4INNOVATION1,500tINNOVATION.jpg
5PACIFIC OSPREY1,425tPACIFIC_OSPREY.jpg
6PACIFIC ORCA1,200tPACIFIC_ORCA.jpg
7SEAFOX 51,200tSEAFOX_5.jpg
8TAILLEVENT1,000tTaillevent.jpg
9JB 1171,000tJB_117-3.jpg
10JB 1181,000tJB_118.jpg
11MPI ADVENTURE1,000tMPI_ADVENTURE.jpg
12MPI ENTERPRISE1,000tMPI_ENTERPRISE-2.jpg
13SEA CHALLENGER900tSEA_CHALLENGER-2.jpg
14SEA INSTALLER900tSEA_INSTALLER-2.jpg
15BRAVE TERN800tBRAVE_TERN.jpg
16BOLD TERN800tBOLD_TERN-3.jpg
17APOLLO800tAPOLLO-4.jpg
18SEAJACKS ZARATAN800tSEAJACKS_ZARATAN.jpg
19MPI RESOLUTION600tMPI_RESOLUTION.jpg
20TERAS OCEAN600tTERAS_OCEAN-2.jpg
21NEPTUNE600tNEPTUNE.jpg
22Wind Lift I500tWIND_LIFT_1.jpg
23THOR500tTHOR-2.jpg


 ちなみに、中国船は800t以上でも11隻います。もっといそうな気がしますが、現状把握しているものを記載。

順位船名吊能力画像
(クリックで「Crane Vessels」
(外部リンク)のページで画像確認)
1龙源振华叁号(LongYuanZhenhuaSanHao)2,000tLongYuanZhenhuaSanHao.jpg
2港航平9(GANG HANG PING 9)1,200tGangHangPing9.jpg
3三航风和(San Hang Feng He)1,200tSanHangFeng He
4海龙兴业号(Hai Long Xing Ye Hao)1,200tHaiLongXingYeHao.jpg
5托本号(TORBEN)1,000tTORBEN-2.jpg
6福船三峡(FU CHUAN SAN XIA)1,000tFU_CHUAN_SAN_XIA-2.jpg
7三航风华(SAN HANG FENG HUA)1,000tSAN_HANG_FENG_HUA.jpg
8大桥福船(DA QIAO FU CHUAN)1,000tDaQiaoFuChuan.jpg
9中船海工101(Zhong Chuan Hai Gong 101)1,000tZhong_Chuan_Hai_Gong_101.jpg
10龙源振华贰号(LongYuanZhenhuaErHao)800tLongYuanZhenhuaErHao.jpg
11KOE-01、精铟1号(JING YIN 01)800tJING_YIN_01.jpg



4.GE 12-13MW Haliade-Xについて





洋上風車設置船不足-03

大きな転機:Haliade-Xが記録を更新、そして重要なマイルストーンを達成

2020/11/20  GEエナジー
#GEリニュアブル
#Haliade-X

サム・ウォーリー

洋上風力タービンHaliade-Xは約1年前に大きな記録を打ち立てました。オランダ・ロッテルダム港に設置されたHaliade-Xプロトタイプが1日当たり288MWhの電力を発電する世界初の風力タービンになったのです。これだけの発電量があればロッテルダム市内の3万世帯の消費電力を十分にまかなうことができますが、Haliade-Xはこの記録に甘んじることなく、最近また記録を塗り替えました。現在稼働している最も強力な洋上風力タービンでもあるこのHaliade-Xは今年10月、1日当たり312MWhの電力を発電することに成功したのです。つまり、最初の新記録を樹立した直後にタイム誌「2019年の最も重要な発明品100」の一つに選ばれたHaliade-Xにとって、この1年はメディアに取り上げられることの多い年となりました。

しかし、Haliade-Xの進化はこれで終わりではありません。このタービンを製造したGEリニューアブルエナジーのエンジニアたちは、第三者認証機関であるDNV GLが発行する正式な型式証明を得るために、ロッテルダムに設置したプロトタイプに関するデータの収集を1年間続けてきました。この型式証明は、Haliade-Xが安全かつ確実に設計仕様に従って動作することを証明するものです。そして、11月前半にDNV GLがHaliade-X 12MWに正式な型式証明を付与するというもう一つの大きな展開に結び付きました。

GEリニューアブルエナジーのHaliade-X開発チーム最高責任者を務めるビンセント・シェリングスは次のように述べています。「正式な型式証明を付与されたことで、お客様がHaliade-Xを購入する際に融資を受けられるようになりました。これは私たちにとって重要なマイルストーンです。私たちの継続的な目標は、洋上風力発電がこれまで以上に低廉かつ信頼性の高い再生可能エネルギー源になるため、また洋上風力発電の世界的な成長を促進するために必要な技術を提供することです。」また、国際エネルギー機関(IEA)は洋上風力発電への累積投資額が2040年までに1兆米ドルに達すると予測しており、風力発電は有望な事業分野となっています。

洋上風車設置船不足-04

現在稼働中の洋上風力タービンの中で最も強力なタービンであるHaliade-Xは10月に24時間で312MWh発電量を達成して世界記録を更新しました。
上の画像の著作権者: GEリニューアブルエナジー
今回の型式証明は、タービンの構成部品であるブレードが単独で認証を受けた直後に付与されたものです。このブレードは全長が107mあり、サッカー場の縦の長さ以上という巨大な部品です。Haliade-X 12MWの認証プロセスには、ブレードを米国と英国の施設で別々に試験するほか、ロッテルダムのプロトタイプに対しても複数の試験を行う必要がありました。

GEはHaliade-Xの発電量が12MWになるよう設計しましたが、ロッテルダムで実施した試験の結果、当初の目標を超える13MW程度の電力を発電できることが明らかになりました。今回新たに付与された型式証明は12MWのものを対象としており、現在はロッテルダムにあるプロトタイプを対象に発電出力13MWとした試験が行われています。13MWの試験についても、2021年前半に型式証明が付与される見込みです。

今回の新記録達成の次にとりかかる仕事は何でしょうか?それは実際の設置です。GEリニューアブルエナジーは今年9月、Haliade-X 13MWを対象とした初の契約を締結し、英国ヨークシャー州沿岸から約130km離れた北海の沖合にある洋上風力発電プロジェクトの第1・第2フェーズにあたるドッガー・バンクAとドッガー・バンクBに、Haliade-X 13MWを190基供給することに合意しました。ドッガー・バンク洋上風力発電ファームは世界最大の洋上プロジェクトになる予定で、2026年に予定されている竣工時には英国の450万世帯(全世帯数の約2割)分の電力消費を十分にまかなえる3.6GWの発電出力を持つ施設になる見込みです。

洋上風車設置船不足-05

引用元:General Electric | GE REPORTS JAPAN > 大きな転機:Haliade-Xが記録を更新、そして重要なマイルストーンを達成



 試作品の建造動画。やっぱり大きいです。

動画のリンク先:YouTube | Haliade-X offshore wind turbine - installation time lapse

洋上風車設置船不足-06

洋上風車設置船不足-07


5.いろいろな洋上風車設置方法





5-1.Oceandock



洋上風車設置船不足-07-5

これは無さそうですね。

記事を見て、「Windthurst」のウェブページも見ましたが驚きは少なかったです。

ただ大きい。なので実際建造されると見てみたいですが。実用的かどうかでいうと無さそう。


Google翻訳

フローティングポートのコンセプトは、洋上風力発電設備の課題に対処します

洋上風車設置船不足-08

海事エグゼクティブ 2020年11月27日午前4時34分10秒

洋上風力発電分野の急速な成長は、港湾と設置業者の両方に課題を生み出しています。プロジェクトの数が増え、機器のサイズが大きくなるにつれて、現在のプロセスの非効率性 が浮き彫りになっています。

オーストラリアの会社Windthurstは、設置プロセスで直面する多くの課題に対処し、洋上風力発電プロジェクトの成長をサポートできると信じている新しいコンセプトを発表しました。また、特定の法域でプロジェクトを先行させる能力に挑戦してきたカボタージュなどの問題に対するさらなる解決策を提示する可能性もあります。

Oceandock LXと呼ばれる、60,000m²の自走式フローティングプラットフォームです。ダイナミックポジショニングテクノロジーを搭載しており、自走式であるためプロジェクトや地域内を簡単に移動でき、正確な位置を取得できます。また、バラスト可能であるため、港に戻る現在の設置船と比較して、位置を取り、現場に留まることができます。

洋上風車設置船不足-09

コンセプトは、一度オンサイトになると、Oceandockは港、倉庫、集合場所、および設置車両として機能するというものです。プロジェクトのために100人の乗組員を収容でき、2つのタグボートと600フィートのドックスペースが独自の港として機能します。陸上では、港は、機器を保管するだけでなく、事前に組み立てるための場所を提供するために、機器のスペース要件によって課題を抱えています。現在の設置プロセスでは3隻の船舶が必要になる可能性があり、各設置船は一度に3〜6台の大型発電機しか収容できません。

Oceandockは、現場で倉庫に保管して組み立てることができるコンポーネントを配送するフィーダー船によって整備されます。2つのブームリフトと3つのクレーンを使用すると、最大6,000トンの個別のリフトを実行できるだけでなく、500,000トンの変電所、モノパイル基礎、および風力タービン発電機コンポーネントを倉庫に保管してステージングすることができます。

コンセプトデザインの長さは約1,000フィート、ビームは700フィートですが、Windthurstは、個々のオペレーターに合わせてカスタマイズできると述べています。コンセプトは、高さ8メートルまでの波で安全に動作する500,000 DWTの船であり、そのため、より深い水域で位置を占めることができます。沿岸への設置に限定されません。

引用元:The Maritime Executive | Floating Port Concept Addresses Offshore Wind Installations Challenges



 「Windthurst」のウェブページも紹介。


Google翻訳


主な詳細:
全長:292m
ビーム:215m
載貨重量:500,000トン
ウェザーデッキの積載強度25トンm²またはクライアントの指定による。
主な機能:
バラスト可能
自走式で、独自の推進ユニットを使用してさまざまな場所に簡単に移動できます。
装備:
正確な操縦と位置決めのための動的位置決め機能。
風力タービンコンポーネントを配送するフィーダー船の停泊を支援するための2つのタグボート。
風力タービン発電機の設置と組み立てを支援するための2つのブームリフト。
2,600トンのクレーン2基
6,000トンクレーン1基
3つのクレーンは、60,000平方メートルのデッキのすべての平方メートルをカバーでき、さまざまなタスクで独立して同時に動作できます。

6,000トンのクレーンは、1つのリフトで6,000トンの変電所の上面を安全に配置できます。

現在、各タービンを設置するには、2つ以上の設置船が必要です。Oceandockは、不十分で小さすぎるジャッキアップ船などの現在のシステムに代わる、安全で実用的で費用効果の高い代替手段を提供します。ジャッキアップ船は3台から最大6台の風力タービン発電機しか運ぶことができないため、これらを設置したら、船は再積載のために港に戻る必要があります。Oceandockは、リロードのためにポートに戻る必要はありません。

Oceandockは、風力タービンのコンポーネントをフィーダー船から同時に降ろし、完全な風力タービン発電機、変電所、およびモノパイル基礎を組み立てて設置します。

風力タービン発電機の組み立ては、デッキレベル近くで行われます。風力タービン発電機ユニット全体を1つのリフトに配置できるため、この操作がより安全かつ迅速になります。


引用元:National Ports Corporation | OCEANDOCK LX



上記の中にある
”現在、各タービンを設置するには、2つ以上の設置船が必要です。”
この意味が分からないですが、何を意味しているのでしょう?

 イメージ動画もありました。

動画のリンク先:YouTube | Oceandock LX

5-2.ADD-ON Support Tower



洋上風車設置船不足-11

先程の「OCEANDOCK LX」と比較するとありかも。作業船を大型化するか風車を事前に組立て一体化させた状態で設置するかの違いですかね。


Google翻訳
注意:
以下の3Dコンセプトレンダリングのすべての図は 、最終製品の作成
とは異なります。 これは、新しいコンセプトで保留中の知的財産権と特許を保護するためです。
アドオンサポートタワー

洋上風車設置船不足-11

船舶とプロジェクトの有効性を拡大し、競争力を高めるために、OFFSHORETRINICは新しいゲームを変えるアドオンを開発し、既存の船舶に追加しました。

この新しい輸送および設置方法により、すべての種類の基礎の設置およびビルドタービンの輸送および設置に同じ容器ユニットを単一のユニットとして利用することにより、大幅なコスト削減を実現します。

このコンセプトにより、OFFSHORETRONICは、最大11 MWの完成した2つの風力タービンを1回のトリップで輸送および設置することを目指しており、運用時間で約40%、燃料消費量で約15%のコスト削減を実現します。

大きなタービン用OFFSHORETRONICは、ブレードがアシストモードで小型Jackup容器と一緒にインストールすることができる一方で、単一のユニットとしてマストとナセルを取り付けることができます。
基礎の設置、および2つの競合するタービンの輸送と設置に同じ船舶を利用することにより、大幅なコスト削減を実現します。

洋上風車設置船不足-12

ジャッキ操作が不要なため、設置時間が短縮され、オンショアおよびオフショアのタービンのロードおよびアンロード時間が短縮されます。私たちのシミュレーションと計算では、10MWのタービンを6回設置し、港までの輸送時間を12時間にすると、設置時間が40%短縮され、燃料が15%節約されることが示されています。
風力タービン全体の広範な試運転は、コストを削減して陸上で行うことができます。
小型で安価なジャックアップ船は、アシストモードで最終的なタービンブレードの設置を実行できるため、ハイスペックのジャックアップ船を雇う必要はありません。(10〜11 MWを超えるタービンにのみ必要)。
船舶と新しいコンセプトは、新しい浮体式風力発電所に風力タービンを設置するための優れたプラットフォームになります。
遠隔地の場合、すべての設置作業を実行できる単一の船舶のみを動員することができます。
コンセプトは、既存の資産を再利用し、船舶の建造設備投資と高速船舶の配達時間を短縮することに基づいています。
すべての設置作業に必要な船舶は1つだけなので、大幅なコスト削減になります。アドオンサポートタワーの設計、建設、供給は、タワー/マスト、ナセル、ブレードなどの大型タービン部品を設置するために通常必要となる新しい大型ジャッキアップ船タイプを構築するコストのほんの一部になります。

コンセプトデザインの特徴

洋上風車設置船不足-13

OFFSHORETRINICの新しいアドオンサポートタワーは、次の方法でさらに開発中です。
複雑な吊り上げ方法の豊富な経験を持つ社内エンジニアリングチーム。
洋上風力発電業界で長い実績を持つ外部の重量物運搬スペシャリスト。
そしてOFFSHORETRONICの優先クレーンサプライヤーHuismanEquipmentと協力して
Huisman風力タービンシャトルと、このコンセプトのさらなる迅速な開発を支持する最先端のリフト装置の設計と構築におけるノウハウといくつかの類似点があります。

アドオンサポートタワーの主な機能は、クレーンブームの動きを回避し、上部および下部グリッパーモジュールをサポートすることです。

アドオンサポートタワーはモジュール式であり、船舶独自のヘビーリフトマストクレーンで取り付けおよび取り外しができます。より小さくて軽いサポートタワー構造を可能にするために、タービンのすべての重量が下部サポートビームとクレーンブームワイヤーでサポートされ、サポートタワーに追加の負荷安定性とサポートを提供します。昇降はマストクレーンのメインウインチで行います。リフティングおよびアクティブヒーブ機能は1200mtに設定されています。

上部、下部グリッパー、および下部サポートビームの両方が、タービンのオンショアピックアップおよびオフショアの最終設置プロセス中に、スウェイ方向にボードの外または内に移動できます。

新しいコンセプトデザインの安全面は、私たちの最優先事項です。したがって、タービンタワーは輸送中にサポートビーム上に静止して固定され、上部グリッパーと下部グリッパーの両方にタービンタワー(マスト)の周囲に2つの追加の二次保持があります。これにより、タービンの輸送および設置プロセス中に追加のサポートが提供されます。

洋上風車設置船不足-14

ダブルスリップジョイントデザインの特徴

洋上風車設置船不足-15

OFFSHORETRONICは、設置プロセス中に船舶を高精度DPモードにすることを目的としています。船舶のメインマストクレーンウインチは、タービンの基礎にタービンを持ち上げて設置するためのすべてのウィンチ操作に使用され、KCIエンジニアの最新のダブルジョイントスリップジョイント技術を備えたモノパイルに適しています

この迅速で新しい設置方法は、タービンタワー(マスト)の周りに追加のリフティングサポートリングを採用する主要なタービンメーカーの意欲も保留されています。

洋上風車設置船不足-16

上記のダブルジョイントスリップジョイント技術とリフティングサポートリングについて、OFFSHORETRONICは、関係するすべての関係者、主要なエンドユーザーと風力発電所の運営、および最大の風力タービンメーカーとの予備交渉を開始しました。

関係するすべての関係者と協力することで、洋上風力発電の設置コストを大幅に削減できます。

引用元:Offshoretronic | New Concept



5-3.New Tetrahedron crane



 これは洋上風車建造に特化させたクレーンのようです。既存の作業船をアップグレードさせることも可能。

 発想はすばらしい気がしますが、見た目少し頼りなさそうな気もします。

 甲板スペースに資機材を積み込んだ時に、揚重出来ないデッドスペースが大きくならないんですかね。


Google翻訳

新しい四面体クレーンは既存のジャッキアップの上昇容量を高めることができる

洋上風車設置船不足-17

19-10-2020に公開された11:20

テトラヘドロンは、次世代の洋上風力タービンの設置用に新しいクレーンを設計しました。基本的に異なる動き原理と効率的な構造負荷移動に基づいて、クレーンは代替物よりも高く持ち上げ、同じクレーンの足跡に収まる。

既存のジャッキアップ船は、最新の10-14 MWクラスタービンの最も高い部分に到達するのに十分な高さを持ち上げることができないことがよくあります。所有者が持ち上げ高さを十分に高くできない場合、2023年までに洋上風力産業内で船舶が使用できなくなる危険性があります。

新しいクレーンは、ジャックアップをアップグレードしたり、タービン設置市場で競争するためによりコスト競争力のあるユニットを構築したい所有者のための経済的に実行可能なパスを提供しています。この設計は、20MWクラスまでの将来のタービン開発に対しても、将来の未来を確実にします。革新的なクレーンは既存のジャッキアップに容易に改装することができ、高さを持ち上げ、既存の容器が次の10年にうまく競争することを可能にする競争のアップグレードを提供する。

船体の再適用なし
創業者兼ディレクターのウィルコ・スタヴェニュアー氏は、「独自のデザインと特許技術により、テトラヘドロンクレーンは、重量や複雑さを加えることなく、既存のクレーンよりも50メートル高く持ち上げます。実際には、当初5-MWタービンを設置するように設計されたジャックアップは、船体の再施行なしにアップグレードすることができ(テトラヘドロンクレーンがジャックアップに加わる低い瞬間のため)、SG 14-222 DDやGE Haliade-Xなどの将来の風力タービンを設置することができます。

既存のジャックアップに対するこのドロップインソリューションは、追加の収益力を引き出します。例として、テトラヘドロン45は、最小限の修正で小型ジャックアップに取り付けながら、ブレードを設置するのに十分なクリアランスを備えたウォーターラインの上180メートルの半径40メートルでハリアドXナセルを持ち上げることができます。

共同開発
オフショア設置請負業者のヴァン・オード、デルフト工科大学、および様々な業界サプライヤーは、オランダ企業庁(RVO)が共同出資する共同プロジェクトでクレーンの開発に貢献してきました。クレーンのコンセプトデザインはDNV GLによって完成し、検証され、現在は2022年までにロッテルダムでのクレーン配送に焦点を当てています。

引用元:ProjectCargoJournal.com | New Tetrahedron crane can increase lift capacity of existing jack-ups



 「Tetrahedron」のウェブページ。

 クレーンが動作している動画も掲載されていますが、貼付出来ないので、ご覧になりたい方はリンク先へどうぞ。


Google翻訳

四面体、単に高く持ち上げる

洋上風車設置船不足-18

風力タービン発電機の大型化に伴い、風力発電産業の新たな課題が浮上しています。そのうちの一つは、単に高く持ち上げることです。テトラヘドロンはその原理に基づいて設立され、新しいクレーンタイプで正確にそれを行うためのソリューションを提供しています。

テクノロジー
ロッテルダムに拠点を置くテトラヘドロン社は、クレーンの原理とコンセプトデザインに関するDNVGL設計検証を特許取得、開発、達成しました。テトラヘドロンクレーンは有効な風力タービン発電機の取付けのために意図的に設計されている。主な注意は、高さを持ち上げる、高さ、持ち上げ半径およびジブクリアランスの容量に与えられる。このため、コンパクトな四面体クレーンモデルを使用して、今日最大のタービンを設置できます。この改善は、「四面体」(または単に3D三角形)形状を通る効率的な力の流れによって達成される。タワーの設置の下の図では、テトラヘドロン45を有するGEハリアドXのナセルとブレード1,2,3が示されています。ジャッキアップは、10mエアギャップと10mハル深さでここに示されています。タービンの寸法と運用手順は、GE の「設置要件」のドキュメントに正確に基づいています。

洋上風車設置船不足-19

上のスライドショーは、Ge Haliade X風力タービンをテトラヘドロン45で設置する様子を示しています。

洋上風車設置船不足-20

*水線上の持ち上げ高さ(AWL):境界(底のスルーベアリング)40m AWL(例えば練習エアギャップ10m、深さ10m、台座20m)に基づいてフックの下の持ち上げ高さ

ジャッキアップレッグ上のクレーンの積み込み可能なジブスプリット
四面体のジブはクレーンの積み込み位置でジャッキアップレッグを渡ることができるように分割することができる。このジブ分割は、余分な溶接が必要なために余分なコストを必要としますが、従来のクレーンと矛盾して、変更は重量の影響を持っていません。この効率的なジブ分割統合の理由は、サイドフォースがクレーンの四面体ジブを通って流れるのではなく、すでに設計によって分割されている四面体ペンダントを通って流れるからです。

洋上風車設置船不足-21

引用元:Tetrahedron B.V.



5-4.Windlifter



 これも地組して一体化させた風車を設置するパターンですが、クレーン無しで下端をスライドさせてON。

 平穏な海域なら可能でしょうか?う~ん。かなり厳しい気がします。

 運搬中の動揺を考えると固縛とか大掛かりになりそうですし。


Google翻訳

Windlifterタービンの設置
Windlifter™は、完全に組み立てられた洋上風力タービン(ナセルとブレードを完備)を、底面固定基礎用のシングルリフト設置で輸送し、(脱)インストールするように設計されたシステムです。このシステムは、効率的な輸送のための複数のタービン用の貯蔵および取り扱いシステムで構成され、機械システムにリンクされ、タービンを安全に、そして船舶から基礎に完全に制御します。このコンセプトは、利用可能な容器を柔軟に利用できるように、モジュラーシステムとして設計されています。

2015年には、カスタマイズされたバージョンは、スタトイル(2018年から:エクイノア)イノベーションキャンペーン、ハイウィンドインストールチャレンジで勝者の一人として受け入れられました。スタトイルキャンペーンでは、浮動ハイウィンド財団と協力することが採用されました。

洋上風車設置船不足-22

引用元:Ulstein | From oil and gas to offshore wind






5-5.WindFlip barge



 これは少し古いモノみたいですが、発想が飛び抜けていたので載せちゃいました。

 考え方が奇抜すぎて素晴らしいです。

 いろんな事考えるひとがいるもんですね。


Google翻訳

洋上風車設置船不足-23

12/30/2011環境、再生可能エネルギー、風力

WindFlipバージの概念は、洋上風力タービンの設置を簡素化するように設計されており、その過程でコストを削減するソリューションに成功しました。洋上風力タービンの設置はコストのかかる作業であり、このプロセスでは、熟練した技術者が海上でタービンを組み立て、それらを非常に深く固定する必要があります。また、WindFlip バージを使用すると、タービンを海岸に完全に組み立て、その位置に引き寄せます。ジャンプ後のWindFlipの動画をチェックしてください。

WindFlipは単なるコンセプトですが、同社(ノルウェーに拠点を置く)は、スタトイルのハイウィンドタービンを扱うためにWindFlipを専門化するために、ノルウェーのスタトイル(浮遊風力タービンを製造するエネルギー会社)と協力しています。WindFlipは長さ100メートル、幅30メートルを測定し、はしけは65メートルの高さ15メガワット時ハイウィンドを完全に組み立てることができます。

WindFlipは、ドラフトを最小限に抑え、約8ノットで割り込みを可能にするほぼ水平位置でタービンを海に運び出すように設計されています。一度現場でWindFlipは、牽引タービンで垂直にWindFlipを先端厳格な後方区から順に水で27の内部バラストを埋め始めます。その後、はしけはタービンから離れ、圧縮空気をバラストに注入し、水平に傾き、次の牽引の準備をしながら所定の位置に固定することができます。

引用元:inhabitat | With Ease



 YouTubeに動画がありました。

動画のリンク先:YouTube | WindFlip - a specialized barge for transportation of floating wind turbines

洋上風車設置船不足-24

洋上風車設置船不足-25

洋上風車設置船不足-26

洋上風車設置船不足-27

洋上風車設置船不足-28
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する