プロフィール

skymates

Author:skymates
フナフナブログへようこそ!
身の回りの気になる事から世界の注目記事まで海・船舶・土木関係を中心に記事を作成していますのでご覧あれ!!

スポンサーリンク
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

SEP起重機船転覆in中国

2021/07/26 16:32:46 | 事件・事故 | コメント:0件

 お隣中国でSEP起重機船が転覆する事故が起きたようです。

 事故は2021年7月25日午前11時頃に発生。

 転覆したのは「升平001」(SHENG PING 001)というSEP起重機船。レグは3本のようです。

 原因など詳細は不明ですが、最新の記事によると事故当時、船上に65人いて61人が救助され、4人が行方不明とのことです。

 船が傾いた状態なので捜索・救助活動が難航している模様。2次災害も考えられるので慎重かつ迅速な捜索が求められますね。





1.事故の記事



 


Google翻訳

航空写真ビデオ | 広東省のオフショア建設プラットフォームが傾いており、61人が救助され、4人が行方不明になった

広東省の海上捜索救助センターから、広東省恵州海域の海上建設プラットフォーム「昇平001」が傾いて、プラットフォーム上に65人がいて、一部の人員が水没したと報告されました。 1545時間現在、61人が無事に移送され、4人が行方不明になり、傾斜プラットフォームが安定し、捜索・救助活動が激化している。

SEP起重機船転覆in中国-01

7月25日午前10時57分、恵州市海上緊急捜索救助センターと恵州海事局の当直室から、中広原子力新エネルギー洋上風力発電プロジェクトの建設現場で、海上建設プラットフォーム「昇平001」が傾いているとの通報があった。 Huizhou海事局のマ・ユエ所長は記者団に対し、警察に通報した後、Huizhou海事局は直ちに「恵州海事局水上交通緊急事態緊急対応計画」レベルIの緊急対応を開始し、「海警0938」船などの捜索・救助部隊を現場に派遣し、救助に参加し、危険海域付近の船舶の捜索・救助を調整した。

現在までに、Huizhou海事局は、海事、海上警察、漁業管理、タグボート、過去の商船、近くの漁船など、30隻以上の船舶を危険海域で捜索・救助し、南シナ海救助局の救助機を現場に派遣する調整を行っています。

Huizhou海事局のマ・ユエ所長は、周辺海域は、海流の方向を科学的に判断し、並列捜索救助、扇形捜索、救助などの方法に従って科学的捜索と救助を行うため、現場で多くの力を調整したと述べた。 現在、可視性と海況は理想的であり、捜索と救助に有益です。

記者はまた、南シナ海救助局から、南シナ海第1救助飛行隊も今日12時50分にB-7340救助ヘリコプターを緊急に派遣し、救助いかだと大量の浮遊物が現場で発見され、遭難者は見つからなかったと知らされた。 現在、救助ヘリコプターは再び4人の水没者を捜索し、救助するために事件海域に向かいました。

引用元:bilibili | 广东一海上施工平台倾斜,61人获救4人失联



 AISで船舶の位置情報を検索してみました。

SEP起重機船転覆in中国-02

 事故現場は、位置的には台湾の東のほうですね。記事には”広東省恵州海域”とありました。

 ”中広原子力新エネルギー洋上風力発電プロジェクトの建設現場”と記載があり、写真にも転覆している横に洋上風車の基礎部材のようなものが写っています。

 後ほど紹介しますが、「升平001」は洋上風車建造用に改造された船舶のようですが、建造の記事を確認すると6月16日に引渡しだったようです。

 AIS情報を見ると6月16日に最寄りの港を出港し、作業場所へ移動していることがわかります。

 船舶の改造工程が厳しすぎて、何かしらの構造的な欠陥があったのかもしれません。分かりませんが。

 同様の改造を行う予定の船舶があと2隻いるようなので、同類の事故が起きないよう気を付けて頂きたい。


2.事故後の動画













3.「升平001」(SHENG PING 001)について



 「升平001」は中国の洋上風車産業急成長に伴い、改造された船のようです。

 3隻の「風力発電設置プラットフォーム改造プロジェクト」。それぞれ「昇平001」「探査2号」「大橋向陽」。

 その1隻目が「升平001」。

 改造前の元船は「TERAS FORTRESS 2」というSEP起重機船。調べた範囲だと元は200t吊のクレーンのみ搭載されてたようです。【黄色点線のクレーン】

SEP起重機船転覆in中国-03

 「TERAS FORTRESS 2」の概要
Crane Vessels | TERAS FORTRESS 2  200t吊

 
船名 TERAS FORTRESS 2
竣工 2015年
所有会社 Teras Offshore Pte Ltd
吊上げ能力 200t吊
長さ 92.00m
54.00m
深さ 6.00m
喫水 4.11m
レグ長さ・本数 137.25m・3本



 記事によると、この船に”1,600吊のクレーンを搭載”とあります。そんなに大きくは見えませんが。

 事故の写真を見ると後で搭載された方の大きなクレーンはジブレストされているように見えます。元からあるクレーンは起きているので使用していたのかも。

SEP起重機船転覆in中国-01

 レグ長さは137mあるので水深はかなり深そう。

 ただSEP起重機船で作業するくらいですから、水深50m以下だとは思いますが。レグの残尺を見るとギリギリですかね。

 反力の地盤がゆるゆるなのか、船体の構造的な問題なのか、波浪・突風などの気象要因が原因なのかは不明です。

 地盤的な問題だと、横に立っている風車基礎部材も倒れてきそうですよね。

 それと気になるのが、この画像↓↓

SEP起重機船転覆in中国-04

 ジブレストされてた大きな方のクレーンが見えなくなってます。

 刻一刻と現場が変化していく中での救助活動。無事を祈るしかないです。
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する