プロフィール

skymates

Author:skymates
フナフナブログへようこそ!
身の回りの気になる事から世界の注目記事まで海・船舶・土木関係を中心に記事を作成していますのでご覧あれ!!

スポンサーリンク
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

巨大養殖船を船で運搬

2020/05/27 16:46:52 | 船舶 | コメント:0件

 私の知る限り、世界で最も大きい半潜水式の重量物運搬船BOKA VANGUARDをはるかに凌駕する大きさの船を運ぶ記事があったので紹介。

 BOKA VANGUARDに積み込まれているのは巨大な養殖船だそうです。




1.巨大養殖船運搬の記事



 


Google翻訳
ボカヴァンガードはノルウェーに大規模な養魚場を出荷

世界最大の重輸送船、ボカヴァンガードは、中国からノルウェーに向けて航行し、ノードラックに巨大な定置型の養殖場を提供しています。 巨大な構造物は、長さ385メートル、幅60メートルで、ノルウェーのフィヨルド以外のより露出したエリアに魚を飼うように設計されています。

Covid-19の結果として若干の遅延があったため、Havfarm 1は3月中旬に中国の煙台造船所で打ち上げられ、4月上旬にBoka Vanguardに積み込まれました。

巨大な大型輸送船とそのさらに大きな積荷が現在南アフリカを通過しており、6月13日にノルウェーに到着する予定です。

オフショア養殖場は、NSK Ship Designによって設計され、CIMCラッフルズによって建設されました。 Havfarm 1はシリーズ2の最初の1つであり、Nordlaks州の水産養殖にこれまで利用することが不可能であった、NordlandのHadseløyaの南西の海域に配置されます。

養魚業界では、これら2つの巨大な船のような養殖場は非常に革新的であると考えられています。ノードラックス氏は、厳しい条件の地域での農業を可能にするだけでなく、生産時間を短縮し、「産業の発展を制約してきた土地と環境の課題」を解決する上で重要な役割を果たすと語った。

ノルウェーのサイトで養魚場を受け入れる準備が本格化しています。沖合の養魚場は、Haugnesの岸にある発電所に接続する7.5キロメートルの長い電源ケーブルで電力が供給されます。陸上から農場に電力を供給することにより、同社はディーゼル発電機を使用する必要性を排除しました。 90トンの電源ケーブルの設置は今日開始され、以前はHavfarm 1の係留ブイも設置していたScana Offshoreによって実施されました。

沖合の養殖場には、10万トンのサケを入れることができ、これは約200万匹の魚に相当します。

巨大養殖船を船で運搬-01

巨大養殖船を船で運搬-02

巨大養殖船を船で運搬-03

巨大養殖船を船で運搬-04

巨大養殖船を船で運搬-05

巨大養殖船を船で運搬-06

巨大養殖船を船で運搬-07


引用元:ProjectCargoJournal.com | Boka Vanguard is shipping a massive fish farm to Norway



 その他の画像。

巨大養殖船を船で運搬-08

巨大養殖船を船で運搬-09

巨大養殖船を船で運搬-10


2.「Boka Vanguard」について



巨大養殖船を船で運搬-11

 BOKA VANGUARDの仕様は次の通り。

船名BOKA VANGUARD
竣工2012年
総トン数91,748 t
載荷重量トン数116,175 t
長さ275.00 m
70.00 m
深さ15.50 m
喫水10.94m ~ 31.5m


 BOKA VANGUARDの長さ275mに対して巨大養殖船の大きさは375m。なので前後トータル100mも長いことになります。

 このサイトで「Boka Vanguard」について取り上げた他記事の紹介

フナフナ | 巨大客船を半潜水式運搬船に積込!!

BOKA_Vanguard_loading_Carnival_Vista-00.jpg


フナフナ | 世界最大級!!スパー型プラットフォーム!!

スパー型プラットフォーム-000



3.「Nordlaks」という企業について



 この巨大養殖船の所有者「Nordlaks」について。

 サケ、ニジマスなどの生産・加工・販売をするノルウェーの企業。

 2017年の売上高 約30億ノルウェークローネ。日本円に換算すると1ノルウェークローネ=10.85円なので325.5億円。


Google翻訳

Nordlaksは、大西洋サケとニジマスを生産、加工、販売する完全統合型企業です。同社は1989年にInge Bergによって設立されました。本社は、解体処理施設とともに、ヴェステローレンのストックマルクネスにあります。

Nordlaksは、さまざまな企業で構成されるグループです。グループはヌールランとトロムスの 12の自治体で事業を展開しており、約420人の従業員(2018)と2017年の売上高は約30億ノルウェークローネです。

2017年に、Nordlakは2つの異なる海洋養殖場の建設のための合計21の開発許可の申請を受け取りました。最初の定置型海洋養殖場は2020年にハッセルに到着する予定で、2020年の夏に最初の魚が放流されます。建設は長さ385メートルで、屠殺重量が約5キロの場合、最大200万匹のサケを生産できます。同社は、ハマロイ自治体のインナヴェットにノルウェー最大の漁船の1つを建造しており、2019年に完成し、2020年の春には、世界で初めて、2つのガスハイブリッドウェルのうち最初の井戸を納入します。

この会社は、すべてのA株と持株会社の株の合計51.7%を所有するインゲバーグによって管理されています。残りの48.3パーセントはインゲベルクの4人の子供が所有しています。

引用元:wikipedia | Nordlaks



 「Nordlaks」のホームページに巨大養殖船の紹介動画が掲載されていましたので紹介。

動画のリンク先:Nordlaks Produkter AS | Flyttbar og dynamisk Havfarm

巨大養殖船を船で運搬-12

巨大養殖船を船で運搬-13

巨大養殖船を船で運搬-14

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する