プロフィール

skymates

Author:skymates
フナフナブログへようこそ!
身の回りの気になる事から世界の注目記事まで海・船舶・土木関係を中心に記事を作成していますのでご覧あれ!!

スポンサーリンク
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

「Golden Ray」撤去の進捗情報

2020/11/30 18:15:47 | 船舶 | コメント:0件

2020年11月6日から「Golden Ray」の切断作業を始めた「VB-10,000」。切断作業に時間が掛かっていましたが、やっと1つ目の切断が終わったようです。切断は「Golden Ray」の船首側から。
 以前の記事でも紹介しましたが、「Golden Ray」を8つのセクションに分割して撤去する計画なので切断作業は7回行う予定。7分の1に約1ヶ月。

【過去記事】Golden Ray撤去計画

【過去記事】Golden Ray 撤去開始

 ハリケーンの影響が出ないうちに撤去完了したいところですね。
 費用的には「VB-10,000」、準備作業をやっていた起重機船やSEP起重機船など概算でも数十億円以上は掛かるのではないでしょうか?。こりゃ大変だ。

 "St. Simons Sound Incident Response"のウェブページに報告が上がっているものを紹介。

Golden Ray撤去進捗情報

 目次
 1.10月28日更新
  「VB-10,000」係留完了
 2.10月31日更新
  環境保護バリアの設置
 3.11月5日更新
  準備作業
 4.11月6日更新
  切断作業開始予告
 5.11月7日更新
  切断開始
 6.11月8日更新
  切断進捗
 7.11月11日更新
  切断進捗
 8.11月17日更新
  切断作業再開
 9.11月20日更新
  切断進捗
 10.11月25日更新
  切断進捗
 11.11月28日更新
  切断完了までもう少し
 12.11月29日更新
  切断完了、台船へ積込
 13.11月30日更新
  船殻固縛、台船曳航



1.「VB-10,000」係留完了




Google翻訳

10月28日
写真公開:VB10,000がゴールデンレイレックサイトに到着

GoldenRay撤去進捗情報-01

ST。ジョージア州シモンズ-重量物運搬船VB10,000は、2020年10月27日にゴールデンレイ難破船の現場に到着します。この船は、難破船を8つのセクションに順番に切断して持ち上げ、はしけと乾ドックに配置します。環境保護バリア(EPB)。

環境保護バリアの周りに150ヤードの安全地帯が確立されました。船員は周囲を避けて操縦することをお勧めします。難破現場周辺での無人機(UAV)の無人飛行は禁止されています。レスポンダーは、ドローンとドローンオペレーターの目撃情報を地方自治体に報告します。

セントサイモンズサウンドインシデントユニファイドコマンドは、モーター船のゴールデンレイ対応作戦に関する公式の情報源です。

GoldenRay撤去進捗情報-02

GoldenRay撤去進捗情報-03

GoldenRay撤去進捗情報-04

引用元:St. Simons Sound Incident Response | Photo Release: VB10,000 arrives at the Golden Ray Wreck Site



2.環境保護バリアの設置



「Golden Ray」の外周に環境保護バリアと呼ばれるゲートを設置。

船舶入出域用に一部開口がありますが、すぐに閉じることができるのでしょう。

作業中に油の流出があっても広範囲に広がらないよう対策されています。

船内には積荷の車4,000台?が残置されてるので切断時に油は出てくると思われます。


Google翻訳

10月31日
写真公開:レスポンダーは切断作業の前にEPBゲートを設置します

GoldenRay撤去進捗情報-05

GoldenRay撤去進捗情報-06

GoldenRay撤去進捗情報-07

GoldenRay撤去進捗情報-08

GoldenRay撤去進捗情報-09

レスポンダーは、ゴールデンレイ難破現場周辺の環境保護バリア(EPB)へのゲートを設置します。EPBは、高密度ポリエチレンパイプ、5フィート四方のメッシュの破片ネット、および杭に結合された海洋ブームで作られた1マイルのカスタム設計のバリアであり、潮汐作用で上下することができます。EPBは、多層環境保護システムの一部です。セントサイモンズサウンド事件の写真。

引用元:St. Simons Sound Incident Response | Photo Release: Responders install EPB gates prior to cutting operations



3.準備作業



まだ準備作業中。

「VB-10,000」の係留ラインが環境保護バリアのフロートに擦れて痛んだ様子。
対応策として擦れ止め的なものを設置。

係留ラインはロープ使用。ワイヤーだと思っていたので、少し驚きました。


Google翻訳

11月5日
更新:セントサイモンズサウンドインシデントユニファイドコマンドはカットアンドリフトの準備をし、天気ウィンドウを待ちます

ジョージア州ブランズウィック-セントサイモンズサウンドインシデント統合軍(UC)の応答者は、VB-10000を固定するために使用されるポリエチレンダイニーマ係留ラインで発生していた過度の摩擦に対処するなど、ゴールデンレイの残骸を取り除く準備を続けています。UCは、熱帯低気圧イータに関連する荒天の脅威を含む天気予報を注意深く監視して、ゴールデンレイの残骸の最初のセクションを切断および持ち上げるための気象ウィンドウを特定しています。

「私たちの担当者は、ゴールデンレイの最初のセクションを切断および持ち上げる準備をするときに発生する各問題の解決に継続的に取り組んでいます」と米国沿岸警備隊のCmdrは述べています。連邦オンシーンコーディネーターのエフレンロペスは、次のように述べています。コミュニティの継続的な忍耐に感謝します。」

レスポンダーは、環境保護バリア(EPB)の周りに摩擦防止ギアフランジを製造して設置し、係留ラインの周りに摩擦防止カバーを取り付けて、摩擦を軽減し、レスポンダーの安全を確保しました。ライン検査官は、修理されたラインを安全に使用できると見なし、レスポンダーは、バリアの有効性を損なうことなく係留ラインのより多くの移動を可能にするために、EPBのセクションの方向を変えました。

GoldenRay撤去進捗情報-10

VB-10000の作業員は、環境保護バリアとの接触からひどく擦られたポリエチレンダイニーマ係留ラインを保持しています。係留索は、ゴールデンレイ難破船の上の重量物運搬船を所定の位置に保持します。セントサイモンズサウンドインシデント写真

GoldenRay撤去進捗情報-11

GoldenRay撤去進捗情報-12

GoldenRay撤去進捗情報-13

GoldenRay撤去進捗情報-14

レスポンダーは、環境保護バリアでカップリングに接触するときに、ポリエチレンダイニーマ係留ラインが摩擦から保護するために、摩擦防止ギアフランジを製造および設置しました。対応エンジニアは、安全な操作を保証するために必要な機知と柔軟性を示します。セントサイモンズサウンドインシデントレスポンス写真。

GoldenRay撤去進捗情報-15

レスポンダーはラインメーカーと協力して、ポリエチレンダイニーマ係留ラインの重要な部分を取得し、頑丈な3層の摩擦防止カバーで覆い、摩擦をさらに軽減しました。セントサイモンズサウンドインシデントの写真。

引用元:St. Simons Sound Incident Response | Update: St. Simons Sound Incident Unified Command prepare for cut and lift, await weather window




4.切断作業開始予告



切断準備が整ったので切断開始予告。

翻訳された掲載文を読むと”切断には24時間かかると見積もっています”とあります。

この後、切断に3週間以上も掛かるとは。やってみないと分からいような切断方法だからしょうがないですね。


Google翻訳

11月6日
更新:ゴールデンレイ難破船の最初のセクションの切断および持ち上げ作業が本日開始

ジョージア州ブランズウィック—ゴールデンレイ難破船の最初のセクションの切断および持ち上げ作業は、気象条件と安全性の再評価が行われるまで、本日開始されます。統合軍(UC)は、切断には24時間かかると見積もっています。

レスポンダーは、難破現場のセントサイモンズアイランドピアとジキルアイランドピアの騒音レベルを監視します。石油と破片の回収と消防の資産は、対応者と一般市民の安全を確保し、潜在的な環境の脅威を軽減するために、多層保護システムの一部としてステーションに配置されます。削除操作の各側面を詳しく説明する一連のビデオについては、https://www.stsimonssoundincidentresponse.com/subject-matter-expert-videosにアクセスしてください。

「切断と持ち上げのプロセスを開始すると、騒音、火災、製品の排出、破片が発生することが予想されます。この操作は清潔で完璧になりますと言うことは非現実的だろう、」天然資源のジョージア部門の状態にシーンコーディネータージョン・マドックスは、言った「私たちは、多層環境保護システムをインストールし、ために予防と対応戦略を実践しています数ヶ月。私たちは、セントサイモンズサウンドのコミュニティと環境を保護する準備ができています。」

引用元:St. Simons Sound Incident Response | Update: Cutting and lifting operations for the first section of the Golden Ray wreck to begin today



5.切断開始




Google翻訳

11月7日
写真公開:レスポンダーがゴールデンレイレックのセクション1をカットし始める

GoldenRay撤去進捗情報-16

レスポンダーは、ゴールデンレイの残骸のセクション1を切断する準備をするときに、VB-10000のメインホイストをカスタム設計のリフティングラグに取り付けます。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

GoldenRay撤去進捗情報-17

レスポンダーは、環境保護の障壁を超えて発見された汚染の脅威を軽減するように設計されたフォーメーションでブームを操作します。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

GoldenRay撤去進捗情報-18

現在のバスター、環境保護バリアの頂点にある水から油を分離して収集するように設計された高速封じ込めおよび回収システム。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

GoldenRay撤去進捗情報-19

VB-10000重量物運搬船の滑車システムに取り付けられたアンカーチェーンがゆっくりと移動し、ゴールデンレイ難破船のセクション1を通過します。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

引用元:St. Simons Sound Incident Response | Photo Release: Responders begin cutting Section One of Golden Ray Wreck




6.切断進捗



切断開始から25時間後に切断用のチェーンが壊れた様子。

復旧は大丈夫なようです。24時間くらいで切れるってアナウンスしてたから焦っちゃったのでしょうか。

チェーンの動かし方を探りながら、どれが最適かを試しながら微調整。

チェーンを高速で動かすことは出来ないのでゆっくり動かしているんだと思いますが、負荷をかけ過ぎると動きが遅くなって進捗が伸びない。負荷を小さくするとチェーンは動かしやすいけど切断の抵抗が少なくなるので進捗伸びないといったところでしょうか。

切断された写真をみると無理やり押しつぶされたような切断面になってます。


Google翻訳

11月8日
更新:セクション1カット進捗レポート

ジョージア州ブランズウィック-VB-10000は、金曜日の午前11時30分頃にゴールデンレイの難破船の船首部分の切断作業を開始しました。

カットの約25時間後、カッティングチェーンが壊れました。VB-10000に怪我や損傷はありませんでした。レスポンダーはチェーンを回収し、壊れたリンクを修理すると同時に、チェーンに追加の疲労がないか検査しました。その後、彼らは切断作業を再開した。

「切断プロセスは慎重に設計およびモデル化されましたが、依然として非常に複雑な操作です。これは7つのカットの最初のものです。カットのたびに、チェーンの速度や張力などのカットパラメータを微調整して、効率を向上させます」と、ギャラガーマリンシステムズの副インシデントコマンダーであるトムワイカーは述べています。「カットには予想よりも時間がかかりますが、この操作の残りの部分をガイドする貴重な知識を得ることができます。」

GoldenRay撤去進捗情報-20

VB-1000はゴールデンレイの難破船に食い込みます。作戦は1マイルの長さの環境保護バリア(EPB)に囲まれています。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

GoldenRay撤去進捗情報-21

400フィートのチェーンは、ゴールデンレイの難破船の船体を見抜くために使用されます。チェーンの各リンクの長さは1.5フィート、重さは80ポンドを超えます。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

GoldenRay撤去進捗情報-22

環境保護バリアの外側に配置された対応船は、難破船から放出された汚染に対する層状の防御を作成します。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

引用元:St. Simons Sound Incident Response | UPDATE: Section One cut progress report



切断進捗




Google翻訳

11月11日
写真公開:セクション1の切断作業の進捗状況

GoldenRay撤去進捗情報-23

セクション1のカットは、ゴールデンレイ難破船の上面領域の喫水線より上で進行します。セントサイモンズサウンドインシデントレスポンス写真。

GoldenRay撤去進捗情報-24

ゴールデンレイ難破船のセクション1で切断作業が継続され、前景に海のブームと環境保護バリアの高密度ポリエチレンパイプが見えます。セントサイモンズサウンドインシデントレスポンス写真。

GoldenRay撤去進捗情報-25

左の写真は、T&Tサルベージのサルベージマスターがゴールデンレイの難破船の切断作業を観察しています。右の写真は、Versabarの応答者が、VB-10000の制御室での切断操作を監視しているときにVB-10000の担当者を囲んでいます。セントサイモンズサウンドインシデントレスポンス写真。

GoldenRay撤去進捗情報-26

レスポンダーは、切断作業中にチェーンの長さの摩耗を定期的に検査します。セントサイモンズサウンドインシデントレスポンス写真。

GoldenRay撤去進捗情報-27

アンカーチェーンは、ゴールデンレイの残骸の船体をゆっくりと切断し続けます。セントサイモンズサウンドインシデントレスポンス写真。

引用元:St. Simons Sound Incident Response | Photo Release: Section One cutting operations progress




切断作業再開



Google翻訳

11月17日
レスポンダーは切断操作を再開します

ジョージア州ブランズウィック-レスポンダーは、環境保護バリア(EPB)と、熱帯低気圧イータの前に撤去されたセントサイモンズサウンド周辺の敏感な地域に保護ブームを再配備しました。ブームが発生すると、セクション1で切断作業が再開されました。切断の一時停止中に、レスポンダーはその性能を改善するために切断装置に変更を加えることができました。

レスポンダーは先週、海岸線でプラスチックの破片の小片を回収し、水と海岸線の破片を毎日スキャンし続けています。ゴールデンレイの残骸と思われるものに一般の人々が遭遇した場合は、(912)944-5620の破片報告ホットラインに電話してください。

「私たちは、環境への潜在的な脅威を軽減するために、複数の防御層と保護的に配置された機器を実装しました。私たちの回復と評価の担当者は、水と海岸線を積極的に監視しています」と、ジョージア州自然資源局の州オンシーンコーディネーターであるジョンマドックスは述べています。「一部のがれきがEPBから逃げ出し、提供された電話番号を使用して海岸線または水中でがれきに遭遇した場合は、コミュニティがすぐに通知することをお勧めします。」

GoldenRay撤去進捗情報-28

レスポンダーはチェーンプーリーを変更して、ゴールデンレイの残骸を8つのセクションに分割するために使用されるカッティングチェーンのパフォーマンスを向上させます。切断プロセスは非常に複雑な操作であり、対応エンジニアは引き続き微調整を行います。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

引用元:St. Simons Sound Incident Response | Responders resume cutting operations



切断進捗



Google翻訳

11月20日
応答操作は続行され、セクション1のカットが進行します

ジョージア州ブランズウィック-ゴールデンレイの残骸の撤去作業は、熱帯低気圧イータのための短いスタンドダウンの後、今週続けられました。

熱帯低気圧イータが一時停止した後、月曜日に切断が再開されました。その一時停止の間、レスポンダーは効率を上げるために切断装置と方法を改良し続けました。カットのセクションを持ち上げて取り外すための機器はスタンバイのままです。

GoldenRay撤去進捗情報-29

ゴールデンレイの船体と難破船の上面は、セクション1のカットの進行状況を示しています。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

レスポンダーは、CDCガイドラインに準拠し、統合軍(UC)によって確立された医療基準に準拠した、厳格なCOVID-19プロトコルに引き続き熱心に準拠しています。あるレスポンダーは、先週の気象関連の一時停止中に定期的なメンテナンスを行っているときに軽傷を負いました。

UCは、切断および持ち上げ作業中の油や破片の放出を観察、調査、文書化、および軽減するための多層アプローチを開発しました。復旧担当者は、環境保護バリア(EPB)、海岸線、およびゴールデンレイ難破船周辺の水域に常駐しています。レスポンダーは、セントサイモンズサウンド周辺の敏感な場所でブームを保護的に維持しています。

軽油の光沢は、毎日の空中および水中調査中に、難破船に隣接して観察および報告されています。少量の油が回収されました。

ゴールデンレイの残骸であると彼らが信じているものに公衆が遭遇した場合は、(912)944-5620の破片報告ホットラインに電話してください。レスポンダーは、水と海岸線の毎日の調査に加えて、各レポートを評価し、レポートされた場所を調査します。M / Vゴールデンレイに関連する破片は、確認され次第回収されます。

レスポンダーはEPB内の軽く油を塗ったアジサシを回収し、月曜日にリハビリのために地域の野生生物施設に安全に移しました。

切断作業中の騒音公害は予想よりも低かった。
引用元:St. Simons Sound Incident Response | Response operations continue, Section One cut progresses




切断進捗




Google翻訳

11月25日
レスポンダーはゴールデンレイ難破船のセクション1の切断作業を続けています

ジョージア州ブランズウィック-レスポンダーはゴールデンレイ難破船のセクション1で切断作業を続けています。

削除の更新

セクション1の切断は、厚くて密度の高い構造用鋼が配置されているキールを介して進行しました。データを収集し、切断効率を高めるために操作を変更した後、エンジニアは、セクションの残りの部分で切断がより迅速に進行することを期待しています。セクション1を持ち上げて取り外すための機器はスタンバイのままです。

GoldenRay撤去進捗情報-30

ゴールデンレイの難破船の船体は、セクション1のカットの進行状況を示しています。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。


引用元:St. Simons Sound Incident Response | Responders continue cutting operations on Section One of the Golden Ray wreck




切断完了までもう少し




Google翻訳

11月28日
セクション1のカットが完了に近づき、レスポンダーは持ち上げ操作の準備をします

ジョージア州ブランズウィック-セクションワンカットは完了に近づき、レスポンダーは良好な状態が続くまで持ち上げ作業を開始する準備をしています。

削除の更新

レスポンダーは、ゴールデンレイの残骸のセクション1を週を通して切断し続け、切断の完了に近づいています。良好な状態が許せば、セクション1を持ち上げて取り外すために待機している機器は、セクションを受け取るために環境保護バリアに入ります。

GoldenRay撤去進捗情報-31

カットが完了に近づくと、ゴールデンレイ除去のセクション1がわずかに分離します。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

GoldenRay撤去進捗情報-32

レスポンダーは、VB-10000のデッキで定期的なチェーン検査を実施するために、張力がかかっていないカッティングチェーンをカット溝から導き出します。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

健康と安全の最新情報

レスポンダーは、安全地帯内またはその近くの娯楽船とともに、難破現場でのドローンや小型航空機の目撃を報告し続けています。ギャラガーマリンシステムズのインシデントコマンダーであるトムワイカーは、次のように述べています。「レスポンダーは重要な対応業務に集中しているため、気を散らさないでください。水と空の安全地帯は、彼らと地域社会を保護するために設置されています。」

レスポンダーは、CDCガイドラインに準拠し、統合軍(UC)によって確立された医療基準に準拠した、厳格なCOVID-19プロトコルに引き続き熱心に準拠しています。

環境アップデート

GoldenRay撤去進捗情報-33

レスポンダーは、過去1週間に回収された破片に典型的な回収された破片を示しています。セントサイモンズサウンドインシデント写真。

GoldenRay撤去進捗情報-34

レスポンダーは、過去1週間に回収された破片に典型的な回収された破片を示しています。セントサイモンズサウンドインシデント写真。

木曜日の夜、切断中の騒音公害は増加しましたが、全体的には低いままです。セントサイモンズ埠頭とジキル島埠頭の騒音監視装置は、過度の騒音レベルを記録しませんでした。

レスポンダーは、残骸の近くと海岸線で、一部は油を塗った破片の小片を回収し続けています。軽油の光沢は、毎日の空中および水上調査中に、難破船に隣接して観察され続けています。ゴールデンレイの残骸と思われるものに公衆が遭遇した場合は、邪魔をせずに、(912)944-5620の破片報告ホットラインに電話してください。レスポンダーは、水と海岸線の毎日の調査に加えて、各レポートを評価し、周辺を調査し、難破船の残骸を回収します。

UCは、切断および持ち上げ作業中の油や破片の放出を観察、調査、文書化、および軽減するための多層アプローチを開発しました。復旧担当者は、環境保護バリア(EPB)、海岸線、およびゴールデンレイ難破船周辺の水域に常駐しています。レスポンダーは、セントサイモンズサウンド周辺の敏感な場所で保護ブームを維持しています。

引用元:St. Simons Sound Incident Response | Section One cut nears completion, responders prepare for lifting operations




切断完了、台船へ積込



切断完了。

切断面から見える船内の車両が痛々しいです。

吊重量は6,000tだそうです。



Google翻訳

11月29日
写真公開:レスポンダーがゴールデンレイの難破船のセクション1を持ち上げる

ジョージア州ブランズウィック-レスポンダーは今朝、ゴールデンレイの難破船のセクション1(船首)の切断と持ち上げを終えました。はしけJULIEBの環境保護バリア(EPB)を出るセクションの準備が進行中です。

「これは、撤去作業における最初の主要なマイルストーンです。米国沿岸警備隊の連邦オンシーンコーディネーターであるエフレンロペス司令官は、次の6つのカットの効率を高めるために戦略を改善し続けながら、全体的な除去方法を検証しました。「海岸と水上にいるレスポンダーは、環境への影響を注意深く監視し、対応してきました。がれき報告ホットラインとオンラインフォームを通じて、遭遇したがれきを引き続き報告することをお勧めします。」

セカンドカットの準備が始まりました。残骸は合計8つのセクションで削除されます。

GoldenRay撤去進捗情報-35

VB-10000の乗組員は、バージJULIE BがEPBに入る間、ゴールデンレイの難破船のセクション1を持ち上げます。応答船は、EPBから逃げる可能性のある油や破片をすばやく軽減するために、隊列を組んで移動します。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

GoldenRay撤去進捗情報-36

レスポンダーは、数分の1の重量で鋼と同じくらい強力な超高分子量ポリエチレンスリングを使用して、ゴールデンレイ難破船のセクション1を持ち上げます。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

GoldenRay撤去進捗情報-37

レスポンダーは、バージJULIE BがEPB内の所定の位置に移動するときに、ゴールデンレイの難破船のセクション1を持ち上げます。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

GoldenRay撤去進捗情報-38

セクション1を残りの残骸から分離した後、VB-10000はEPB内をゆっくりとスムーズに移動し、その下のバージJULIEBトランジットがセクションを受け取るための所定の位置に移動しました。残骸は、除去のために大きな破片を捕らえるように設計された海底への網で環境保護バリアに囲まれています。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

GoldenRay撤去進捗情報-39

レスポンダーは、持ち上げ作業中にEPBの外側の破片を回収します。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

GoldenRay撤去進捗情報-40

レスポンダーは、持ち上げ作業中にEPBの外側の破片を回収します。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

GoldenRay撤去進捗情報-41

Barge JULIE Bには、セクション1のプロファイルに正確に一致するカスタム製作のクレードルが装備されています。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

GoldenRay撤去進捗情報-42

バージJULIEBは、ゴールデンレイ難破船のセクション1の下を通過します。応答エンジニアは、リフト中にセクション内に含まれる乾燥重量と予測される堆積物を含む約6,000mtの負荷を占めました。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

GoldenRay撤去進捗情報-43

VB-10000は、バージJULIEBがそれを受け取るように操縦するときにゴールデンレイ難破船のセクション1を持ち上げます。レスポンダーはセクションを確保し、EPBを出るためのバージを準備します。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

GoldenRay撤去進捗情報-44

VB-10000は、ゴールデンレイの難破船のセクション1を持ち上げます。残骸は、除去のために大きな破片を捕らえるように設計された海底への網で環境保護バリアに囲まれています。セントサイモンズサウンドインシデント対応の写真とビデオ。セントサイモンズサウンドインシデント対応の写真とビデオ。


引用元:St. Simons Sound Incident Response | Photo Release: Responders Lift Section One of the Golden Ray wreck





船殻固縛、台船曳航



台船へ搭載されたあとの固縛をどうやってるのか見たいですが詳細はよく分かりません。

船底側に大きな架台と船首側のR部分に小さい架台をはめ込んでるのは分かりました。

転がりそうで怖い感じのようにも見えるけど分かりません。



Google翻訳

11月30日
写真公開:セクション1は海の留め具のために地元の場所に移動します

ジョージア州ブランズウィック-バージジュリーBに固定されたセクション1は、さらに海を固定するために地元の場所に向かう途中で移動します。はしけは、汚染軽減と自己完結機能を備えています。

GoldenRay撤去進捗情報-45

レスポンダーは、ゴールデンレイの難破船のセクション1を受け取った後、バージJULIEBでバラスト操作を開始します。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

GoldenRay撤去進捗情報-46

レスポンダーは、環境保護バリア(EPB)から地元のサイトへの短い輸送に備えて、セクション1の前面の下にプレハブのクレードルを配置します。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

GoldenRay撤去進捗情報-47

はしけJULIEBに搭載されたセクション1は、セントサイモンズ埠頭を通過して地元のサイトに向かい、海上輸送のために確保されます。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

GoldenRay撤去進捗情報-48

セクション1は、バージJULIEBのセントサイモンズサウンドをイーストリバーのローカルサイトに移動して海上固定します。セントサイモンズサウンドインシデントの応答写真。

UCは、切断および持ち上げ作業中の油や破片の放出を観察、調査、文書化、および軽減するための多層アプローチを開発しました。復旧担当者は、環境保護バリア(EPB)、海岸線、およびゴールデンレイ難破船周辺の水域に常駐しています。レスポンダーは、セントサイモンズサウンド周辺の敏感な場所で保護ブームを維持しています。

ゴールデンレイの残骸と思われるものに公衆が遭遇した場合は、邪魔をせずに、(912)944-5620の破片報告ホットラインに電話してください。レスポンダーは、水と海岸線の毎日の調査に加えて、各レポートを評価し、周辺を調査し、難破船の残骸を回収します。

引用元:St. Simons Sound Incident Response | Photo Release: Section One travels to a local site for sea fastening

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する