プロフィール

skymates

Author:skymates
フナフナブログへようこそ!
身の回りの気になる事から世界の注目記事まで海・船舶・土木関係を中心に記事を作成していますのでご覧あれ!!

スポンサーリンク
人気ページランキング
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

洋上風車への逆風

2021/07/03 12:13:37 | 風車 | コメント:0件

 世界的にカーボンニュートラルへ向けクリーンエネルギーである洋上風車の建造を進めていますが、それに反対される方もいらっしゃるようです。 建設される海域の近くにすまれている方、漁業関係者、環境保護・景観保護など様々。 まだ数が少ないから何とも言えませんが、今後、設置数が増えてくるといろんな事象が起きてくるかもしれません。 風車に船舶が衝突したり、浮体式の風車が荒天で漂流したり・・・。 陸上の風車です...続きを読む

日本初の商用浮体式洋上風力発電事業者 戸田建設など6社

2021/07/03 12:06:19 | 風車 | コメント:0件

 秋田で建設されている日本初の商用洋上風力発電設備は着床式ですが、今回は浮体式の洋上風力発電設備。 場所は長崎県五島市沖。福江港の南東海域。 発電設備の出力は2.1MW×8基=16.8MW。 秋田の出力は4.2MW×33基=138.6MW。(秋田港:13基、能代港20基) 規模的にはそこまで大きくはないのかもしれません。 事業者は戸田建設がスポンサーの”(仮)ごとう市沖洋上風力発電合同会社” この記事の掲載文の見出しは英語でしたが、...続きを読む

Wind Catcherという巨大浮体式風車

2021/07/03 11:50:46 | 風車 | コメント:0件

 ノルウェーのWind Catching Systems社が開発した巨大な洋上風力発電システム。 117基の1MW風車が取り付けられたパネル状の形状。高さは300m以上。長さは記載が無いですが、恐らく400m程度はあります。 発想としてはとても良いものではないかなぁと思いました。 洋上風車の分類としては浮体式。着床式の設置個所には限りがありそうなので着眼点も良い。 ただ、浮体式なので陸から遠く離れた場所に設置されるものなんでしょう...続きを読む

中国 SEP起重機船 建造ラッシュ

2021/06/24 19:00:31 | 起重機船_中国 | コメント:0件

 中国でSEP起重機船がどんどん建造されてます。 クレーン能力1,000t吊級クラスが多いように思います。 SEP起重機船をどんどん建造するということは、どんどん洋上風車が増えるということになります。 では、どれほど洋上風車が建造されているのか? その辺も調べてみました。中国 SEP起重機船 建造ラッシュ 目次1.洋上風力発電の状況2.中国で最近建造されたSEP起重機船 ■1,200t吊 De Jian(徳建) ■1,200t吊 Hua Xian...続きを読む

起重機船七不思議 第弐話

2021/05/05 21:26:02 | 起重機船七不思議 | コメント:0件

 第弐話の題材は”なぜひっくり返らないの?” 陸上クレーンが転倒しているニュースは見た事ありますが、起重機船が重たい物を吊上げて転倒しているところは見たこと無い。 いやいや、起重機船が転倒している動画を見たことあるよと言われる方もいるかもしれません。 それはクレーン付き台船ではないでしょうか? 私の中の識別として、台船にクローラークレーンなど陸上クレーンを搭載しているものはクレーン付き台船。 クレー...続きを読む

五洋建設とDEME 合弁会社設立

2021/05/01 18:51:28 | 起重機船_日本 | コメント:0件

 五洋建設とベルギーのDEME Offshoreが合弁会社を設立するそうです。 国内のカーボンニュートラルに向けた洋上風車事業において、”設置船不足”という問題があります。 SEP起重機建造はされていますが、現況、国内に1隻のみ。2022年に2隻。2023年に1隻。 建造されるまでの空白期間を埋めようとすると外国船に来てもらうしか方法はないですよね。 日本政府の導入目標では年間1,000MWを10年継続で2030年に10,000MW、2040年までに...続きを読む

起重機船七不思議 第壱話

2021/04/16 21:52:19 | 起重機船七不思議 | コメント:0件

 起重機船について、よく知らない時に不思議に感じたことをあげてみました。 たまたま海に行って起重機船を見かけることなんてそうそう無いと思いますが、最近は作業中の様子が動画でも上がっていたりするので興味がある方は見る機会がよくあるかもしれません。 余談ですが、日本の建設会社もYoutubeとかで作業の様子を動画で積極的に上げれば良いと思うのですが、どうでしょうか? 動画を見た人がその会社を知ることが出来ま...続きを読む

SEP起重機船転覆inアメリカ

2021/04/15 21:00:13 | 事件・事故 | コメント:0件

 荒天の中、航行していた自航式のSEP起重機船が転覆する事故が発生したようです。 転覆したのはSEACOR POWER。SEACOR POWER  168t吊×2基Image  -画像-By cdag, LinkVessel Details  -船舶明細-吊上能力168トン吊×2基長さ51.00m幅31.40m深さ4.00mレグ長さ80.80m建造年2002年所有会社SEACOR Marine LLCcrane-vessels.com 関連する事故の記事を載せてますが、転覆したのは現地時間で4月13日午後4時頃。 ”Fourchon”と呼ばれる港...続きを読む

大時化で貨物流出inノルウェー

2021/04/08 18:43:48 | 事件・事故 | コメント:0件

 大時化の中、航行していた重量物運搬船「Eemslift Hendrika」が機関喪失して漂流しているようです。 幸い、大きなケガ人はいないようですが、大時化の中、船から海に飛び込みヘリで救助される動画もあるので、危機一髪。 今後、懸念されているのが船の転覆、それと漂流しているので岸に流れて座礁してからの油流出。 「Eemslift Hendrika」には重油と軽油合わせて400tが積載されているようです。およそ40万リットル。ドラム缶...続きを読む

「わかしお」船尾の撤去開始!

2021/02/21 05:59:30 | 事件・事故 | コメント:0件

 2020年7月25日モーリシャス沖で座礁した「わかしお」船尾部分の撤去が始まるようです。 どのように撤去するのかは分かりませんが、現場には2,000t吊の起重機船「泓邦6」(HONG BANG 6)が到着しています。 2,000t吊だと船尾部分の重量的に現況のままで水面上へ吊上げるのは厳しいような気がします。いけるかもしれませんが。 記事には”The parts will be transported on a special barge”と記載があります。 撤去方法として...続きを読む

洋上風力発電拡大へ

2020/12/17 21:12:15 | 風車 | コメント:1件

 2020年12月15日、政府と民間企業などでつくる”第2回 洋上風力の産業競争力強化に向けた官民協議会”において、2040年までに洋上風力発電を大幅に引き上げる方針を決めたそうです。 引き上げる規模が結構大きい。引用元:経済産業省 | 第2回 洋上風力の産業競争力強化に向けた官民協議会 資料2-1 洋上風力産業ビジョン(第1次)(案)概要 2019年の日本の発電電力量(速報値)は10,277億kWh。時間当たりに換算すると10,277億kW...続きを読む

清水建設のSEP起重機船建造開始

2020/12/13 09:03:32 | 起重機船_日本 | コメント:0件

 昨年、2019年7月。清水建設が2,500t吊の大型SEP起重機船建造を発表してから1年5ヶ月。ようやく建造がスタートしたようです。清水建設 2,500t吊【建造中】Image  -画像-Vessel Details  -船舶明細-吊上能力2,500トン吊長さ142m幅50m深さレグ長さ90m建造年2022年10月建造場所ジャパンマリンユナイテッド(JMU):日本 呉所有会社SHIMIZU CORPORcrane-vessels.com 建造場所はJMU呉事業所。 建造発表時の完成予定は2022年10月。ま...続きを読む

洋上風車設置船不足!?

2020/12/13 08:32:27 | 起重機船_世界 | コメント:0件

 あくまで世界のお話ですが、洋上風車設置船が10年後の2030年には不足状態になる見込みだそうです。 2020年現在、世界では洋上風車を設置するために施工可能な洋上風車設置船32隻、重量物運搬船14隻。 2020年の作業需要は年間約8~13船。それが2030年までに5倍になるという予測が発表されています。 5倍ということは作業需要が年間で40~65隻。さらに2021年に商業運転が見込まれているGEの12-13MW Haliade-Xなどの次世代洋上風...続きを読む

3次元物理探査船

2020/12/01 17:04:24 | 船舶 | コメント:0件

 変わった形の船を紹介。 トップの画像を見るとCGで横に引き伸ばしたような幅広さ。なんと船幅70m。 そして上から全景を見ると船首だけ?みたいな形。 何をする船なのか? 簡単に書くと、探査線を使用して3次元地図を作成し、海洋資源探査に役立てるという目的のようです。 作業の性質上、幅広の形になっているようですが、幅70mというのはあまり見ない気がします。 3次元物理探査船について分かる範囲で調べてみました。...続きを読む

「Golden Ray」撤去の進捗情報

2020/11/30 18:15:47 | 船舶 | コメント:0件

2020年11月6日から「Golden Ray」の切断作業を始めた VB-10,000 6,800t吊。切断作業に時間が掛かっていましたが、やっと1つ目の切断が終わったようです。切断は「Golden Ray」の船首側から。 以前の記事でも紹介しましたが、「Golden Ray」を8つのセクションに分割して撤去する計画なので切断作業は7回行う予定。7分の1に約1ヶ月。VB-10,000 6,800t吊Image  -画像-By Bureau of Ocean Energy Management - SP-57 A to WD-89 o...続きを読む